銀行口座の作り方

銀行口座の作り方と、どんな銀行を選べば良いかなどといった金融機関の選び方やネットバンクについての解説。

銀行口座の作り方としては、まず口座の開設にあたっての手続きに必要な書類および印鑑などを用意する必要があります。

社会人の人や既に銀行口座を作るにあたって自分で手続きをした経験のある人であれば、だいたいの流れを把握しているものと思いますが、学生の人などで今まで親御さんが開設手続きをした口座を利用していた人などは実際にどうやって作るのか?よく分からないといった人も居られるものです。現在ではいろいろなネットバンクなども数多く誕生していますし、それらネット専業の銀行も含めて比較検討し、一般的な銀行口座の作り方のポイントを覚えておいてはどうでしょうか?

銀行口座の開設に必要なもの

銀行口座の開設銀行口座の開設にあたって必要なものとしては、一般的に口座を開設する各金融機関の【口座開設申込書】の他に、本人であることが確認できる公的書類【運転免許証・パスポート・各種健康保険証などの何れか】、届出印となる【印鑑】が基本的に必須となります。

本人であることが確認できる公的書類については、「氏名、住所、生年月日」の記載があるものに限られており、運転免許証や健康保険証などが一番身近なものとして挙げられますが、もちろん住民票、印鑑証明書などでも可能ですが、住民票、印鑑証明書を確認書類として提示する場合には、「作成・発行後6ヶ月以内のもの」であることに注意する必要があります。

銀行口座開設は郵送でも可能

銀行口座の作り方として、銀行の窓口で申込みの手続きをするのが基本だと思われており、確かに銀行窓口で口座を開設すれば、口座開設申込書の記入漏れや必要書類などで不備があった場合にはその場で指摘してもらえるので確実ですし、一番早急に手続きが完了します。

しかし、口座開設の手続は銀行窓口が開いている時間帯(通常、平日の9:00から15:00)に出向かなければならないので、仕事の関係などで時間が合わず無理な人も居られると思います。そういった場合に、現在ではインターネットで口座開設申込書を作成できる金融機関も多くなっているので利用して、郵送で手続きをするというのも便利な方法です。

銀行口座の作り方のポイント

銀行口座を作る場合のポイントとして、現在どこの銀行も軒並み超低金利であることから、よほど多額の金額を貯金していない限り利息に関してはあまり期待できませんので、単純にどこの金融機関にしようかと迷っているのであれば、ATMの提携先の多さやさまざまな手数料の金額などといった、実用面でのメリットや便利さを比較した上で検討するのが賢明だと思います。

また、最近はインターネットを利用した口座の管理や振込みが可能なサービスを利用できる口座もあるので、それらも考慮して選ぶと良いと思います。

ネットバンクの利便性

ネットバンク最近は、【ジャパンネット銀行】【イーバンク銀行】【ソニー銀行】【住信SBIネット銀行】など、いわゆるネットバンクがたくさんありますし、コンビニATMを主体とした【セブン銀行】などといった利便性を長所とした新たな形態の銀行が誕生しています。

また、従来からある都市銀行や地銀でもネットバンキングサービスを開始しており、日常的にインターネットをよく利用している人やネットオークションなどの金銭の取引などに活用している人も増加しているようで、ネットを介して預金の照会や振込みを行えるといったメリットがあります。

ニュース・トピックス

【中国株・インド株】
ここ数年、世界の主要20か国の株式市場の株価指数の中では経済成長に伴った中国株・インド株が投資ブームの中心となっていたが、アメリカのサブプライム問題の影響により世界的に株価が下落したなか、2008年に入ってからは中国株・インド株ともに下落率が大きく、それぞれワースト1位、2位となった模様。

ただし、中国の株価に関して言えば、企業の収益といった市場の基礎的条件から判断して、すでに大幅に割安な水準まで低下しており、株の中長期の保有を前提とすれば、その投資価値はむしろ増加しているといった見解も。

Yahoo!ニュースより参照抜粋