銀行振込のやり方

ATMを利用した銀行振込のやり方(操作方法)と振込手数料などについての解説。

銀行振込のやり方というと、普段よく銀行から振込みをしている会社員やOL、また主婦の人などであれば慣れていることもあり、当たり前のように把握しているものと思われますが、現金の入金・出金は頻繁にしているけど、他人の銀行口座に振込みをしたことがなく、銀行のATMでどう操作すればいいのか分からない人も案外居られると思います。

また、銀行振込のやり方次第では、同じ金融機関の銀行口座に同じ金額を振込みをする場合でも手数料に差が出ることもあり、無駄な出費を払っている場合も考えられますので、最低限は覚えておきたい銀行振込の方法や知識を把握しておきましょう。

ATMでの銀行振込のやり方

銀行振込のやり方銀行振込のやり方として、振込手数料を安くするために、銀行の窓口から振込みをするよりもATMを利用して送金することが多いと思いますので、ATMから現金で送金する場合の銀行振込のやり方を簡単に説明します。

・あらかじめ振込みをする相手先の【銀行名・支店名・預金種類・口座番号・口座名義人】を確認しておき、それらを明記したものを持参しておきます。

・銀行のATMのメニュー画面から【お振込み】を選択します。

・【現金による振込み】か【カードでの振込み(銀行のキャッシュカード)】のどちらで振込みを行うかの選択画面が表示されますので、【現金による振込み】を選びます。

・その都度振込先を入力するという意味合いの【都度振込】か、事前に登録している振込先へ送金するのかを聞いてくるので【都度振込】を選びます。

・次に振込先(相手)の金融機関名を入力もしくは選択します。

・次に振込先(相手)の支店名を入力もしくは選択し、預金科目(普通、当座、貯蓄など)を選び、振込先(相手)の口座番号・口座名義人を入力します。

・次に振込人(自分)の名前・電話番号を入力します。

・振込内容の確認画面が表示されます。

・振込金額と振込手数料の確認画面が表示されます。

・お金を挿入してくださいといった旨の表示がされたら、お金を挿入します。
※振込金額と振込手数料の合計金額キッチリでなくても、お釣りが返却されますので大丈夫です。

・利用明細票(振込明細票)が発行されるので忘れずに受け取ります。

基本的に操作順に沿って指示を表示してくれます

金融機関の違いやATMの種類によって、操作メニューで表示される文言や操作順などに若干の違いはあるかと思われますが、基本的なパターンは同じです。

また、その都度操作メニューでわかり易いように指示を表示してくれますので、さほど戸惑うこともないと思われます。

銀行振込の振込手数料

銀行振込のやり方としては幾つかの方法があり、具体的には【銀行の窓口から振り込む】、【ATMから振り込む】、【インターネット・バンキングを利用して振り込む】といった方法が挙げられます。

これらの方法ではそれぞれ発生する振込手数料が異なってきますし、同じ振込のやり方であっても、お金を振り込む相手先の金融機関と自分が振り込む際に利用する金融機関が、同じである場合と違う場合でも振込手数料が異なってきます。

また、お金を幾ら振り込むのかという【振込金額】の違いによっても振込手数料に差が生じるもので、どこの銀行でも振込金額が3万円未満か3万円以上かで振込手数料が異なってくるのが一般的です。同じ条件でお金を振り込むと仮定した場合、銀行の窓口から振り込みをする方法が最も振込手数料が高くつきます。

振込手数料の違い

振込手数料の違い銀行振込をする際の振込手数料は、振り込む際の条件の違いによって異なるので、出来るかぎり振込手数料が安い方法を活用したいものです。

基本的に振込先の銀行と同じ銀行から振込みをすれば、違う金融機関から振り込むよりも振込手数料が安いようになっていますので、出来るかぎり同一の銀行から振り込むようにする方が賢いやり方と言えます。

また、インターネット・バンキングのサービスを利用できる銀行口座を持っている場合であれば、インターネット・バンキングを利用して振り込む方法が一番振込手数料が安上がりとなります。

ニュース・トピックス

【中国株・インド株】
ここ数年、世界の主要20か国の株式市場の株価指数の中では経済成長に伴った中国株・インド株が投資ブームの中心となっていたが、アメリカのサブプライム問題の影響により世界的に株価が下落したなか、2008年に入ってからは中国株・インド株ともに下落率が大きく、それぞれワースト1位、2位となった模様。

ただし、中国の株価に関して言えば、企業の収益といった市場の基礎的条件から判断して、すでに大幅に割安な水準まで低下しており、株の中長期の保有を前提とすれば、その投資価値はむしろ増加しているといった見解も。

Yahoo!ニュースより参照抜粋