フラット35の金利推移

フラット35の金利推移について。毎月見直しが行われるフラット35の金利はマイホームの取得を考えている人には重要です。

フラット35の金利推移の動向をチェックするというのは、マイホームの取得を考えている人にとってはとても重要なことだと思われます。なぜかというと、フラット35では毎月ごとに金利の見直しがあり、月によって金利が上昇したり下がったりするので、融資を受ける時期によって損得が生じる場合があるからです。

ただし、実際に住宅ローンに適用される金利というのは、フラット35に借り入れを申し込んだ時点での金利水準が適用されるワケではなく、融資の決定がなされてから実際に資金の受け取り時の借入金利が適用されるので、フラット35の申し込み時の金利が低いからといっても、借入審査などや事務手続きなどに日数が掛かり、融資が行われるまでに金利が上昇してしまう場合も考えられる点については考慮しておく必要があります。

フラット35の金利を比較チェック

フラット35フラット35の金利というものは都市銀行や信託銀行、信用金庫など各金融機関によって差があります。また、融資に対して必要となる手数料の金額なども各金融機関によって異なりますので、毎月見直しが行われるフラット35の金利をその都度正確に比較チェックするためには、それぞれの各金融機関のホームページなどをこまめにチェックする必要があるのですが、【住宅金融支援機構】のホームページでは毎月の最新の金利情報を提供しているので、マメに確認して把握しておくのが良いと思います。

また、最近は主な都市銀行・信託銀行・ノンバンク系で取り扱っているフラット35の融資金利をその都度公開してくれているサイトも結構あるので、そういった便利なサイトをブックマーク(お気に入りに登録)しておくのもひとつのチェック方法です。

フラット35の金利動向と長期国債利回り

フラット35という住宅ローンは融資実行時の金利が適用され、金利は毎月更新していくので、どのようなペースで金利は変わっているのか?という疑問がわくと同時に、金利変動に関してある程度の予測をしたいと感じられる人が多く居られるものですが、フラット35自体の金利水準もやはり一般的な市場金利(特に市場の長期金利)に連動していると思います。

経済に詳しい専門家の方によると、【フラット35の金利推移というのは主に長期国債利回りと連動】しており、新発10年国債の利回り推移によってフラット35の金利は影響受けるという見解がされているようです。

住宅ローンの金利推移の予測

フラット35の金利推移は主に長期国債(新発10年国債)の利回りと密接な関連性があり連動していると述べましたが、固定金利であれ変動金利であれ、住宅ローンの金利の動向というものにはさまざまな経済指標と関係しており、確信の持てる先行きを予測することは不可能としても、それらの関係性と動向を把握することである程度の金利推移の予測をたてることは可能と思われます。

このあたりの金利の動向といろいろな経済指標との関連性について詳しくまとめてあるサイトを紹介しておきますので、参考にしてみてはいかがでしょうか?
【住宅ローン - goo 住宅&不動産】金利の達人への道(別窓にて表示)

フラット35の買取型と保証型の違い

フラット35の買取型と保証型フラット35には従来からある【買取型】と、平成19年から始まった【保証型】の2つのタイプがあり、借入条件はほぼ同じですが、【買取型】と【保証型】の違いとしては、買取型が民間金融機関の住宅ローン債権を住宅金融支援機構が買い取り、それを担保とする債券を発行するのに対して、【保証型】では住宅金融支援機構が債権の買い取りは行わず、フラット35を担保として発行される債券等の債務の支払いについて保証を行うといった融資の仕組みになっています。

その他に買取型と保証型の違いで特徴的なのが、【保証型】では住宅ローンの借り換えのための資金としても融資を受けることが出来るということが挙げられます。

ニュース・トピックス

【振り込め詐欺】
2008年1〜9月の振り込め詐欺の全国の被害が1万6997件、被害総額約235億5900万円に上り、通年で過去最悪だった2004年の被害総額283億7800万円を上回るペースだったということが警察庁の発表で分かった。

最近は銀行のATMなどから振込みを誘導するだけでなく、郵便局で購入する専用封筒「エクスパック」を利用した新手の振り込め詐欺が急増している模様で、本来現金は送金できない「エクスパック」で送金するような話しには要注意。

Yahoo!ニュースより参照抜粋